東京の真ん中で働く24歳

東京生まれ東京育ちのシティガールです。

ワンオクのツアーには結局申し込まず…。チケット料金の値上がりについて

先日わんおくのドームツアー発表時に書いたブログに、まあまあ人が来てくださっているようで、嬉しいです。

 

ただこの記事を書いたあと、事件がおきました。

 

ファンクラブ申込みをすっかり忘れて、チケットとれなかったんです(笑)

 

いや、、気づいたときは全然笑えなかった。めっちゃ焦りました。

というか悲しかった。母親も楽しみにしてたし…。

 

そこで昨日まで行われてたホームページ先行に申し込もうと思ったのですが、そう、最初は思っていたのですが。

なんとそっちも結局申込みませんでした。

直前になって、どうにかして行くかもしれないけど。

母親の気づきから、なんとなく家族が萎えてしまって、その結果です。

 

なにに気づいたかというと、

なんか今回のワンオク、チケット高くない?ということです。

今回のワンオクのチケット料金

基本的にチケットの金額とかそんなに気にせず申し込んでるので、今回も「まあ7,000円くらいかな」と想像してました。

しかし、ちゃんと見てみたら…

全席指定:¥8,640

 いやいや高くない?いつの間にこんな高くなったの???

おかしい、おかしい。こんな高いはずはない。

 

気になって2017年のAmbitionsツアーのチケット代を調べところ、この結果。

¥6,500 (税別)

 

さすがに!!!!

2,000円も値上げはないだろうと!!!!!!!!!!

びっくりですよ。

しかもワンオクの公式HPからは過去のツアー情報見れない

チケット料金を調べるにあたって、公式から見れると思ったのですが。

 

f:id:sakula888:20180111134337p:plain

このとおり、昔のツアー情報は一切なし。

なんか、なんかなんか、納得いかない(笑)

 

他アーティストのチケット料金と比較

ワンオクで9000円近いって、、、その値段はちょっと早くない?

と、なぜこんなふうに自分が思ってしまうのかというと、B'zも同じ約9,000円なんですよ。

 

B'z TOUR2017-2018:S席 9300円 ※SS席はFCのみ、S席がほとんどです。

 

そしてミスチルに至っては、なんと…。

以下は、2017年のドーム・スタジアムツアーのチケット料金を引っ張ってきました。

公式はこちら

前売料金(全て税込) 指定席 ¥8,100
親子席 ¥8,100
注釈付指定席 ¥7,560

 わんおく、ミスチルよりも高いチケット代とってる!!!!!???

 

どうりで違和感がすごいわけです。これはちょっと、、引いちゃう。

同じ会場だし…。

 

正直、約9,000円ってなったら、ONE OK ROCK行きたい気持ちが少し冷めちゃいました。

ってことはそこまで好きじゃないんじゃん、って言われたらそこまでですが。

アミューズさんが特別高いのかな?福山雅治さんなどはいかに

気になったので福山雅治さんを調べてみました。

(でもサザンも行ってたけどここまで高い印象なかったぞと思いつつ…)

料金(税込):全席指定 ¥9,500

 パシフィコ横浜(せまいホール)でこの値段はまあ高いですが、福山雅治さんだとちょっと比較対象としては大物すぎましたね。

 

あと、アミューズだと、、だれだ、、高橋優?

全席指定 6,500円

うーん。なんともいえない数字。

正直比較するのはむずかしかったです(笑)

 

にしても約9,000円は高いです。うん。

また時間あるときに調べてみます。

B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR” 1/8(月)@東京ドーム ネタバレ

B'zの東京ドーム公演にいってきましたー!

 

f:id:sakula888:20180110132421p:plain

久しぶりの東京ドーム(とはいえ夏の関ジャニ∞振りですね)。

自己満足ですがレポさせていただきます!セトリは中盤以降です。

チケット記載のゲートと座席について

B'zは会場に行くまで座席がわかりません。チケットにはゲートのみ記載。

私のチケットは20ゲート通常スタンド席のゲートなのでさほど期待してませんでした。

会場で発券した結果は…なんとアリーナA!(しかも前から数列目)
どうやら座席とゲートはあまり関係ないようです。
おかげで20ゲートからアリーナまで結構距離ありました。
※東京ドームのアリーナはかなり下に降りていきます

グッズ販売

グッズ販売は結構な混雑でしたが、私が買いたいのは普通のTシャツだけだったので場内物販を利用。

取扱商品は少ないですが、ほぼ並ばず買えます。

東京ドームで一番困るのは開演前のお手洗い…おすすめはバルコニー席裏

東京ドームなど大きな会場で一番面倒なのがお手洗いです、女性に限りますが。

個人的に、男性トイレを女性トイレとして一時開放しているのもあまり好きではなく…(並ぶときに結構気づけないので同じく抵抗ある方は注意)

バルコニー席の裏なら、結構空いていることが多いのでおすすめです。

ただしそれでも開演40分以上前には向かいましょう。バルコニー席裏は空いてますが個室も少ないので注意が必要です。

ついでに、トイレで着替えてて全然出てこない人たちってむかつきますよね!笑

 

それではここからはセトリのネタバレになるので注意してください。

 

1/8(月) B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”@東京ドーム セトリ

  1. 声明
  2. CHAMP
  3. 孤独のRunaway
  4. ハルカ
  5. ルーフトップ
  6. FIREBALL
  7. MOTEL
  8. 赤い河
  9. SKYROCKET
  10. それでもやっぱり
  11. 愛しき幽霊
  12. 弱い男
  13. Purple Pink Orange
  14. イチブトゼンブ
  15. DIVE
  16. Dinosaur
  17. King Of The Street
  18. フキアレナサイ
  19. Still Alive
    アンコール
  20. ultra soul
  21. BANZAI

7曲目は日替わり曲らしく。
前日は「Don't Leave Me」で妹は嘆いてました。私はMOTEL結構好きです。切ない!

あとは印象的だったところ細かく思い返していきます。

登場の衣装がハンターモチーフでかわいい~~~~

ライブのときにセトリの次に気になるのが、衣装と髪型。
※ジャニオタ故かもしれません

今回はオープニング映像がアルバム・タイトル「ダイナソー」にちなんで、ジャングルのなかを体験しているみたいなものになってます。

ステージも大きな恐竜をモチーフにしていて、映像の最後にはジュラシックパークみたいに恐竜がガオ~っ。

これにちなんでか、登場の衣装はトレジャーハンターみたいなトレンチコートでした!

f:id:sakula888:20180110134052p:plain

↑これのもっと細かいタータンチェックみたいなかんじ。
ボタンは閉じてます。

これが本当にかっこいい!!!かわいい!!!!

あとはズボンもオレンジのゼブラ柄みたいなかんじで、これもまたダイナソーのモチーフ?

いつもの革の黒いスキニーパンツでなくて残念でしたが、目立って素敵でした。

その後の衣装は以下の通りでしたのでご参考まで。

ジャケット脱いだら黄色いシャツに茶色いベスト
→茶色いベスト脱いで黄色いシャツにネクタイ
→淡いピンクのタンクトップ
→ツアーT(オリーブ?でしたっけ)とキャップ※アンコール

途中、ジャイアンツのキャラのぬいぐるみと歌うサービスも

f:id:sakula888:20180110140122p:plain

こいつです。ジャビットですね(思い出せなかった)。

ぬいぐるみは曲の最後に客席に投げてるようにも見えたけど、届いてなかったかと。

観客がモニターに映るのは「弱い男」

B'zは毎回、観客一人をピンポイントにモニターに映してくれる、ファンにとっては非常に嬉しい演出をしてくれる曲が一曲必ずあります。

今回は「弱い男」がそれ!

「よわ~い」「よわ~い」のとこで【弱い!!】とモニターに文字が出て、そこに観客の男性が一人ズームされて、まるでその人がめちゃ弱いみたいなかんじに見える演出。

結構盛り上がりました。

稲葉さんのソロライブでは観客が一部ステージに上ったりしてましたが、このくらいのサービスが非常に丁度よくってすきです。

SMAPみたいに直接演者と絡めるのも素敵は素敵ですが、少人数にそれをするとブーイング意見も出やすいので…すごくいい演出だと思います。

MCが小出しに多い印象

いつも最後の方に結構ながながと喋るイメージですが、今回はちょこちょこ喋ってました。

「あけましておめでとうございます」を聞けたのが嬉しかったです!いけめん!

成人の日トークもしてました。本人は特に思い出がないようです。

イチブトゼンブまでは少しゆったり~なセトリ

アルバム中心のライブだから仕方ない部分もありますが、イチブトゼンブまであまりにゆったりしすぎだった感がありました。

というかB'zのミディアムバラード的な曲って聴き応え特にないから本当にひまなんですよね…。

アルバムってだいたい、イマイチというか休憩曲みたいなのが2~3曲あるじゃないですか。B'zの場合それが本当に本当に休憩曲なんですよね。

ミスチルは休憩曲みたいなのでもストーリーがしっかり染み込んでくるから結構味わえたりするんですが、、、

B'zはドッカーン!てのが得意ですからね。

イチブトゼンブ以降はむしろ最強

特に最後の曲をBANZAIにしたのはかっこよかったです!

年末年始にぴったりの選曲!!!!!

いい年の始まりでした~~。

 

ひとまずここまでで、土曜日にさいたまアリーナ行ったらまた書き加えようかなと思います。

せーの、おつかれ~!

クリスマスに家族・恋人と見るのにおすすめの映画5選

私は季節に合わせて映画を見るのが結構好きです。

今回は家族で楽しめるクリスマスを舞台にした映画をいくつか紹介します。

ド定番だけど新しいDisneyのクリスマス・キャロル

 クリスマス・キャロルは昔から何度もリメイクされている作品。

このディズニーのクリスマス・キャロルは2013年に公開されたもので、映画館に見に行った作品です。当時はアニメ映像がものすごくきれいになりだした頃で、しかも3Dだったかな?それで結構売ってました。

 

簡単に言うと、悪い悪い金持ちの一人ぼっちのおじさんが、貧しいけど幸せそうに暮らす家族の様子を見て自分の過去と未来に向き合うお話です。

アニメながら子供には結構怖いかもしれません。現実を突きつけてくるので。大人も子供も何か感じさせられる、でもすごくわかりやすい作品でおすすめです。

クリスマスをきっかけに、家族に感謝できるような映画です。

トムハンクスが声優のポーラー・エクスプレス

 またアニメで申し訳ないですが…トム・ハンクスが5役ぐらい声優を務めた、ポーラー・エクスプレス

サンタさんっているの?ずっと信じてきたけど、成長していくにつれて疑問に思った少年の前に、サンタの街に連れて行ってくれるという不思議な汽車「ポーラー・エクスプレス」が現れます。

そこから始まるのが少年の暖かな大冒険!子どもの頃のワクワクを感じさせてくれる作品です。

楽しい歌がたくさん流れてきますし、ファンタジー要素満載できらっきらしてます。子どもは大好きかと。というかこういう作品を好きな子どもを育てたい!!

大人が見るとなんかちょっと切ないです。

大人のラブコメを楽しめるホリデイ

ホリデイ [Blu-ray]

ホリデイ [Blu-ray]

 

 キャメロン・ディアス主演!ハッピーなラブコメです。

【私を変える、運命の出会い― 「ラブ・アクチュアリー」に続く、幸せを呼ぶプレシャス・ラブ・ストーリー登場!】

ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは恋人に浮気され、彼を家から追い出した。ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、元恋人に目の前で別の女性と婚約発表されて失意のどん底に。傷心の2人はインターネットの「ホーム・エクスチェンジ」サイトで出会い、お互いの家を交換して相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした。まったく違う環境で2週間のクリスマス休暇に入った2人…。やがて、ロスのアイリスは作曲家のマイルズと、ロンドンのアマンダはアイリスの兄グラハムと出逢い、思いがけないラブ・ストーリーがはじまった――。

 クリスマス休暇にお互いの家を交換する、というちょっと面白い仕掛けから始まるラブストーリー。

切ないけどすごくハッピーな大人の恋愛です。私はすっごく好きです。恋がしたくなるし、大事な人をより愛おしく思える作品ではないでしょうか。

 

笑えるクリスマスにしたいならホーム・アローン

 思い切り楽しいクリスマスにしたい!という人はホーム・アローンですかね、やっぱり。

でもこれ結構主人公かわいそうですよね(笑)怖い思いするし。

意外と最近はちゃんと見たことないって人も多そうなので。一回は見ておいてほしい作品ですね。普通におもしろいし。

笑って笑って超泣ける東京ゴッドファーザーズ

ギンちゃん、ハナちゃん、ミユキ――。
新宿で暮らすホームレス3人組の前に、意外なクリスマス・プレゼントがやってきた。ゴミの山から生まれたばかりの赤ちゃんを発見したのだ。
勝手に“清子"と命名し、ゴッドファーザー(名づけ親)となった3人は、雪降る街を、親を探してさまよい歩く。
ウラ東京で、人生を生き抜くホームレスたちが、急転する「運命」の中で出会う<奇跡>とは。

ホームレス3人組のお話なのですが、この3人、血はつながってなくても、ものすごく、ものすごく「家族」なんです。それがすっごい素敵で。

クリスマスに家族とか恋人と過ごさない人も多いと思うんですけど、そうでなくても大事な人っていて、そんな人と過ごせるのってすごく幸せなことなんだなと。そんなふうに思えます。

「パプリカ」の江守徹監督の作品で、パプリカは全然でしたがこれはめっちゃ面白いと思う。わりと最高。

 

 

 

というわけでクリスマスにおすすめの映画を紹介しました。

外はどうせ混んでるし、おうちでゆっくりクリスマス映画を見るのも素敵な過ごし方ではないでしょうか。

 

(この行を消して、ここに「2017年一番良かった《映画・ドラマ・アニメ》」について書いてください)

一応これも貼っておきます。

1月のB’zのダイナソーツアーに向けて

1月のB’zのツアーは、埼玉と東京の2回参戦予定です(参戦ていうとヲタク丸出し感ありますね)。

 

B’zはわりと最近行き始めたので、2013年のエンドレスサマー(NEWSの神曲と同じタイトルですね)からです!

日産スタジアムで、たぶんアルバムの抽選?かなにかで当たったんじゃなかったかなあ。座席が遠かったので。二階席でした。

 

でもぜんっぜん座席の遠さを感じさせない、最強かっこいいステージで、ファンの一体感もすごくて、一気に虜になり今は2つ名義を持ってます。

B’zはダフ屋対策もしっかりしてるので、2つ持ってれば結構好きな公演に行けるのでそこも素晴らしいと思う。ミスチルじゃ2つだけじゃ全然行けない。。ファンクラブの特典もいいし。コスパがいい。。

 

で、なんでライブ行こうとしたんだろ?て思ったんですけど、全然思い出せないですね(笑)

まあ普通にもともと好きだったんですけどね、ママも世代ですし…。

 

やっぱりこういうの忘れるとつまんない(なにかを懐かしむことがヲタクの楽しみの2/3だと思う)ので、思い出を大事にしとくのって大切です。

 

 

というわけで長い前置きをして、B’zの好きなところを改めて確認します。

 

とにかく顔と声がいい

わたしは、どんなに曲が良くても顔がまあまあ良くないと追えないんですよ。たとえばクリープハイプとか、backnumberとか、曲聞いてまあまあいいなって思っても顔が好みじゃないとそんなに気持ち高まらないんですよ。

 

稲葉さんはね、ほんとね、顔がかっこよすぎるんですよ。野獣。ほんとに。色気がマックス。獣なんですよね。

それで笑顔はめっちゃかわいいんですよ。なにあれ(笑)

 

そんな声も最高。かっこいい…!

喋ってる時は低めなのも最高。ギャップ。シャウトとのギャップ。かっこいい。最高。

 

バンドとしてちゃんとかっこつけてる

同じく大好きなミスチルとの大きな違いがこれです。「かっこいいロックバンド」としてしっかりパフォーマンスしてるところ。

水を口に含んでプシャーってしたりとか、めっちゃ跳んだりとか、ステージに寝転んで腰を上下させたりとか、日本の売れてるバンドがあんまりやらないようなかっこいいパフォーマンスするんですよ。

稲葉さんだけじゃなく、松本さんも。めっちゃ前出てくるし。ついでにサポートバンドの皆さんも(ドラムのシェーンはなにもしなくてもかっこいい)。

 

あれは他のバンドになかなかないプロ意識だと思う。だってすごいエネルギー使うよ、あんなん!なのにずっとかっこいいんだよ、なにあれ。プロすぎる。かっこいい。もちろん稲葉さんがそういうプレイが好きなのもあると思うけど。基本海外寄りですよね、お二人は。

 

けど洋楽の真似事みたいなことも一切しないんですよ。かっこいいー!!!!ほんとね、なんかね、曲だけじゃなくステージまるまるイケメンなんですよね。ショーみたいなイメージ。

 

こないだのスタジアムツアー?ドームツアー?での登場なんて、ピンクのスーツにサングラスでステージの一番上に突然現れましたからね。50過ぎてそんなんやる人矢沢永吉とかしか思いつきませんよ(白のスーツですねあの人は)。

でもそれがもう最高にセクシーでかっこいいんですよ…!

 

 

基本的に前向き

これは楽曲の話ですが。B’zってあんまり重たいこと歌わないんですよね。なんか勇ましいんですよね基本的に。

イチブトゼンブとかも、ちょっと切ない恋愛歌ってるんですけど、なんかもう闘ってるじゃん。落ち込み過ぎないんですよね。落ち込みたいときはミスチルを聞きます(笑)

だから本当常にかっこいいんですよー!ミスチルはちょっと弱い男性みたいな歌が最高可愛かったりするんですけど、B’zは常に男前なんですよー。弱ってる時も、あくまで弱ったライオンなんですよー。獣なの!そう!!

 

まあ昔はラブバラードぽい曲もいくつかありますけど。でもMOTELとかもすでに次に向かってる感ありますよね。あと本人あんまり恋愛曲好きじゃなさそうですよね、ライブで全然やらないし。

 

常に調子がよい

まあたまには調子悪い時もあると思いますが、同じツアーのなかでの各公演日による差が少なそうな印象ですね。

ジャニーズとか全然違うんですよ(笑)感じ方の問題もあるかもしれませんが、結果的にそう感じさせてるのはジャニーズ側だから反論は受け付けません。

でもB’zっていつも最強ですよねー。はあ。

 

MCも前向きで丁寧

稲葉さんあんまり喋んないですけど、喋ったら丁寧なのも本当いいとこですよね。なんかタメ語でベラベラ偉そうなMCしてくる人好きじゃないんですよ(笑)昔のわんおくとか…今も超身内モード出してくる微妙なMCしてるけど。

めちゃ丁寧で、明日から頑張ろうと思わせてくれるやつです。

 

ミスチルは人生について考えなきゃいけなくなったりするんで、ちょっと心の労力がすごかったりしますね(わたしが桜井さんを教祖だと思ってるからいけない部分もある)。B’zはちょうどよい!!!!

 

まとめるとB’zは獣

まあたぶんこういうことだと思います。草食が流行ってると言われるいま、彼らは獣なんです!!!かっこいい!!!!

 

1月のツアーを楽しみにしてます。

 

ミスチルと度々比べてますが、むしろ私はミスチルの方が思い入れはあるので貶しているわけではないのをご理解くださいませ。

怒るのってばからしい

わたしはすぐに怒ってしまう。というか口調がきつくなってしまう。

それを人は「怒っている」というのかもしれない。

最近アンガーマネジメントの本を読んで、怒ることを選んでいるのは自分だということを学んだ。

たしかにこれは納得がいった。最後まで本をまだ読み終えてないけど、それでも少しだけ怒る回数が減った。

 

怒るのはよくない

たしかにそうだと思う。相手を必要以上に傷つけたりする。

トラブルを起こすこともある。働きづらくなったりする。

そして自分自身の労力がすごい。

怒るのはエネルギーを使う

そう、そうなのだ。だからちょっとしたことで怒るのは損だ。みたいなことも本二は書いてあった。

でもわたしの場合、ついつい怒ってしまう衝動的なものもまああるんだけどこの「エネルギーを使う」という行為が多分好きなんだと思う。これが厄介なところだ。

エネルギーを使う他の例

怒る以外には、熱く議論したり、泣いたり、ライブに行くことなどがエネルギーを使う例だと思う。

(これらの行為には共通する何かがあるのかな?ドーパミンが出るみたいな)

そう、わたしはこれらのことがすごく好きなのだ。

 

エネルギーを使いたい!!

いのち感じたい!!!!!

 

でも怒るのはよくない。たしかに。

怒る・議論する・泣く・ライブに行く、どうみても「怒る」だけちょっと悪者だ。

 

だから定期的に議論する・泣く・ライブに行く(友達とパーッと遊ぶとかもそう)をやらなくてはいけない。

そうすることで「怒る」をちょっと減らせる気がする。

ONE OK ROCKドームツアー発表にあたって

先日、ONE OK ROCKがドームツアーを行うことが発表されました。

 

f:id:sakula888:20171122133815p:plain

 

京セラ、名古屋、東京、福岡の4箇所。

「This is My Budokan!?」とかいう2010年のライブからワンオクの日本公演に行っている私。今年のAmbitionsツアーも横浜・埼玉の2公演いきました。

 

ドームでやれるようになった、それはたしかにすごいことです。しかし、正直なところ今はまだ微妙な気持ちです。

 

ワンオクがドームでLIVEをすることへの不安

というわけで、なんかモヤモヤするこのかんじをちょっとまとめたいと思います。

ディスってるわけじゃないんだ!わんおくのことは好きなんだ!というのが大前提なのですが。

絶対にちゃんと埋まらない(埋めない)やん

東京ドームは最大で、5万5000人程度入ります。しかし、どのアーティストも5万5000人めいいっぱい人を入れるわけではないんです。

そんなに集客できない場合など(実際の正確な理由はわたしにはわかりかねますが、たぶん後ろの方の席の人に十分な満足度が得られないと想定された場合なども)は、2階席のほとんどが空席だったりして、4万人くらいしか入れないケースもあります。

 

ここはもう個人的な話なのですが、最大限埋めれるようになってからやってほしいんですよね(笑)

だってなんか、かっこ悪くないですか?ドーム使ってるくせに最大限に人入れないの!

演出上5万人しか入れない、とかはいいんですよもちろん。そういう公演もありますよね。

 

でも、やるなら「ここに集まってくれた5万人のみんな!!」と言ってほしいんですよ。果たしてその数字を目指してるのかどうか。疑問。

2階席でも楽しめるかちょっと不安

こちらも同じようなことなのですが…。

私はONE OK ROCKを見たことがある会場の中で、一番広い会場が「さいたまスーパーアリーナ」。この会場は3万8千くらい?ですかね?入る、アリーナの中ではかなり大きな会場です。

この会場の400レベル(上の階のことです)の座席って、すごく高さがあって、本当に疎外感がすごいんですよ(笑)遠くから覗いてるみたいな(笑)

東京ドームの二階席なんて、それよりもさらに、ほんっっとに遠いんです。二階席の後ろから三列目にも座ったことありますが、本当なんも見る気しないです。はい。双眼鏡使ってモニター見ます(もちろん座席にもよるけど)。

 

果たして、その座席の人も楽しませられるのか……。

映像とかどのくらい凝るんだ??

席が遠い人にも楽しんでもらいやすくするため、またドームという場所を活かすため、大事になってくるのが映像とかの演出です!

最近わんおくもどんどん派手になってますね。

こないだのツアーでのI was Kingでは、結構ストーリー性のある映像を流していて「あーわんおくも変わっていくなあ」と感慨深くなりました。

「あの監督がいい!」とかまで語れるくちではありませんが、ミスチルの映像とかが本当いいのは知ってます。B'zのド派手な演出(車が爆発したりしますw)も知ってます。もちろんジャニーズはきらっきらです。

 

でも、

わんおく、どんなかんじになるんだ……?

 

いまいちセンスのいい演出をしてる彼らが浮かばないんですよね…苦笑

なんせ基本的にあんまりかっこよくないじゃないですか、グッズとか…演出とか…ちょっとどこかダサい……まあ思い込みもあると思いますが…

というわけでここも不安、と。

 

ドームの良さってなんなのよ

まあでもそもそも、ドームでやるの、そんないいですか?行く側からすると、狭い方が楽しくないですか?(笑)

最高の演出されたら、そりゃあいいですが。perfumeとか、ドームの良さがビンビンてかんじですよね!

 

というか今気づきましたが、ドームでもアリーナスタンディングするんですかね??

んー、気になる!

ちなみに、ミスチルは花道周りだけスタンディングだったりしましたね。

 

 

 

さて、あれこれ言いましたが、まあ新しい姿を見せてくれるのはすごく楽しみです!

そして結局のところ彼らはアミューズにいます。アミューズさんには前述したperfumeだっているんですか、私のこんな心配なんて無駄無駄!ってくらい素晴らしい公演をしてくれるはずなんです。

 

追記:ツアー前に見ておきたい映像

追記で、まあまあこの記事の閲覧数が多いので、わんおくのLIVE Blu-rayなんかも紹介しておきます。

 ↑渚園はB'zもやってましたね。野外はやっぱり楽しそうです。私はこれ行けてません。

 メンバーの髪色がド派手でちょっと引きます(笑)

 

↑この頃は発展途上感がすごくておすすめです。 

昔の曲多いし。そりゃあそうか。

 

 

LIVE DVD 「THIS IS MY BUDOKAN?!2010.11.28」

LIVE DVD 「THIS IS MY BUDOKAN?!2010.11.28」

 

 ↑そして一番おすすめしたいのはこれ!完全感覚ドリーマー出した頃の、初めての武道館公演(今のところ最後でもある?)。

カラスとかやってるのでレアです。たしか。TakaもToruも若くて可愛いです。

 

(ここまで追記)


 

どんどん大きくなっていくONE OK ROCKを見てると、こんなことも言いたくなってしまう。そんな先日の発表でした。

 

どうか狭いとこでもやってください!!!笑

 

チケット料金について別記事で追記しました(1/11)

sakusakula.hatenablog.com

 

はてぶのジレンマ

「読者、増えてほしいなあ…」というのは、はてブをやってる人なら一度は思うことではないでしょうか。

 

わたしもそう思うときがあります。まさに今もその時間がやってきました。

 

 

でも読者を増やすためには特定のターゲット層に向けて特定のカテゴリに長けないといけないと思っています。

少なくとも私のようにたいした文才があるわけでもなく短い期間で読者を増やしていくなら、そうなります。

 

でもそれには抵抗がある自分がいます。自由に書きたいから、です。

そうしたしがらみがあるものなら、仕事でいくらでも書けるから。

 

でもそうしてるとなかなか自分のブログを人に読んでもらうことはできません。

そうするとたまにアイツがやってきます。

そう、「読者増えないかな~」がやってきます。

 

 

でもせめて、自分に書いているのか、画面の向こうのあなたに向かって書いているのか、そのくらいはハッキリさせなければなと思います。