つまりそう小さな点、そしてあらゆる総て

映画とか音楽とか仕事とか。愛情とお金と教養がすきな女が書いてます。

はてぶのジレンマ

「読者、増えてほしいなあ…」というのは、はてブをやってる人なら一度は思うことではないでしょうか。

 

わたしもそう思うときがあります。まさに今もその時間がやってきました。

 

 

でも読者を増やすためには特定のターゲット層に向けて特定のカテゴリに長けないといけないと思っています。

少なくとも私のようにたいした文才があるわけでもなく短い期間で読者を増やしていくなら、そうなります。

 

でもそれには抵抗がある自分がいます。自由に書きたいから、です。

そうしたしがらみがあるものなら、仕事でいくらでも書けるから。

 

でもそうしてるとなかなか自分のブログを人に読んでもらうことはできません。

そうするとたまにアイツがやってきます。

そう、「読者増えないかな~」がやってきます。

 

 

でもせめて、自分に書いているのか、画面の向こうのあなたに向かって書いているのか、そのくらいはハッキリさせなければなと思います。