つまりそう小さな点、そしてあらゆる総て

映画とか音楽とか仕事とか。愛情とお金と教養がすきな女が書いてます。

とにかく「いい人でいる」ことが一番「ゲン担ぎ」な気がする

今週のお題「ゲン担ぎ」

 

お題記事は毎週きちんと書いておこうと思う今日このごろ。

とはいえ、わたしは大したゲン担ぎ(靴をはくときは絶対右から!とか)はしておらず、抽選待ちのときにはなんとなく「悪いことしたら抽選落ちるかも…いい子にしておこう…」と思うくらいです。

 

悪いことをしたら絶対謝る

実はなかなかできていない人が多いですよね、これ。

仕事でミスをしたときとか、直接的に自分のせいではないけど誰かに迷惑をかけてしまったときとか。

 

「これ、間違えた?」「そうですね、間違えちゃいました…」みたいな。

「お金返してもらったっけ?」「あ、やばい忘れてたわ!はい!」みたいな。

 

でも心の何処かで「謝るべきだったよな…」って思いません?

こういうときにちゃんと謝る、相手に申し訳ない気持ちを伝える。これもある種のゲン担ぎの一つです。謝る状況をつくらないのが一番いいんですけどね。

 

ライブに行くアーティストの曲を聞く

これは抽選待ちあるあるです(笑)

当日に座席がわかるタイプのときにも、会場に着くまでそのアーティストの曲聞いてたりします。

ただ、抽選待ちのときはあえて「当たる当たる絶対当たる!」とかは思わないようにしてますね。期待して落ちたら悲しいから…。

 

ネガティブな言霊を避ける

でも「どうせ落ちる」とかもあまり言わないようにしてます。

言霊って結構信じてるんですよね。あの人うざいって言ってたらどんどんうざく感じてしまったり、会社に行きたくないと口に出してしまうとどんどん行きたくなくなったり。

でもあまりにも口に出さないで我慢してると、またそれはそれで溜め込み過ぎちゃうし、難しいところではありますが。

 

ゲン担ぎというよりも、普段意識していることは?みたいになっちゃいました。

今日もいい子でいたいと思います…。