読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六本木のIT会社で働く22歳

東京で頑張って生きてます。リアクションくれると喜びます。

低用量ピル(避妊薬)服用してる私が語る副作用やメリットデメリット

避妊について悩んでるみなさん、こんにちは。

(きっとこのページを読んでいるということはそうなのでしょう。いやもしくは生理痛とかで悩んでるのかもしれませんね。)

 

今回は経口避妊薬、いわゆるピルについて語ります。

 

わたしはもう2年以上ピルを飲んでいる普通の20代社会人です。

お医者さんが書いてる説明ってネットでも読めるけど、実際の体験談とかってそんなに読む機会がないのではないでしょうか。

 

ピルは悪い薬じゃない

まず言いたいのは、ピルは決して悪い薬じゃないということです。

わたしは大学生の頃から低用量ピルを飲んでますが、やっぱり自分から友人にわざわざ話す機会は少ないです。

「ピルを飲んでるなんてビッチな女くらいだ」そんな印象を持ってる人もいますからね。

でも私からすれば、コンドームより正確に避妊できるし生理痛も起きないし、メリットの方が多い薬だと感じています。

 

低用量ピルってそもそも何?

飲めば妊娠しない薬、くらいとしか知識がない人もいるでしょう。

 

低用量ピルにはいくつか種類がありますが、私がいま飲んでいるラベルフィーユという薬の飲み方について説明します。

 

薬の飲み方

低用量ピルは1ヶ月1シートの薬を、1日1錠ずつ飲んでいきます。

f:id:sakula888:20170116234525j:image

 👆わたしが飲んでるのがこれです。

日付が書いてあるのはわかりやすくするため。

 

飲み始めは、生理が始まった日に飲むようにお医者さんから説明を受けます。

 

3週間分、オレンジ・白・黄色の21錠は「体が妊娠していると錯覚する成分」が入っています。これを飲むことによって、体を擬似妊娠のような状態にして避妊するんです。

(一般人の説明なので医学的な説明でなくてすみません)

 

残りの1週間の赤い7錠は、何の成分も入っていません。飲み忘れを防ぐためのダミーです。

 

※ピルの種類によって色分けが違います。

以前飲んでいたファボワールは白と赤の2色でした。(たぶん)

 

この1週間の間に、生理のような出血があります。

そう、ピルを飲んでいても出血があるんです。

 

このおかげで私は親にバレることなく実家でピルを服用することができました。

だから幸か不幸かすごい性生活を送ってしまっている高校生とかにもおすすめしたいです。

避妊ミスって妊娠してしまったりするよりもずっといいです。

 

1日なら飲み忘れはセーフ!

よく「1日でも飲み忘れたらいけないんでしょ?わたし忘れっぽいから無理!!!!」みたく言う人がいますが、1度の飲み忘れなら気付いた時に飲めばセーフです。

2日続けて飲み忘れた場合はアウトなのでアフターピルなど検討してください。

まあ、実際なかなか忘れないもんです。

 

ピルにかかる費用

低用量ピルは種類もいくつかあり、料金は病院によってまあまあ差があります。

わたしが通っているクリニックでは、ラベルフィーユは1シート2,200円。

思ってたより安くないですか?

 

コンドームと比較すると…?

だって考えてみてください。

サガミオリジナルさんの0.02ミリのコンドームは定価約2,000円ですよね。

Amazonではもうちょい安いです。

 

サガミオリジナル002 12個入り

サガミオリジナル002 12個入り

 

 月に12回コンドームを消費するなら(まあわりにしんどそうですけど、そういう人もいるでしょう)、ピルを飲んだ方が単純計算でお得だともいえるんです。

 

でもピルを飲んだからって性病は防げないので、不特定多数の人と行為に至るならコンドームの使用をおすすめします。

 

ピルの副作用・デメリット

まずここが気になる人が多いかもしれませんね。

わたしが実際に体験した副作用と思われる症状と一般的に言われるケースについて言及します。

 

太りやすい

ピルを飲み始めたから太った、ということはわたしの場合なかったです。

しかし以前、数ヶ月間服用をやめた時期がありました。そのときはなんと1ヶ月で3kg太りました。

 

むくみについては、普段から私むくんでるのでわかりません(笑)

 

喫煙者は血栓症に注意

タバコを吸っている人は血栓症のリスクが上がると言われています。

わたしもこれが怖くて煙草をやめました。

喫煙者の方は禁煙をお勧めします。

 

 

ピルを服用するメリット

ここからはメリットのご紹介。

「避妊できる」以外を紹介します。

肌荒れが治る!ニキビが減る!

よくピルを飲むと肌荒れが解消されるといいますが、実際わたしも飲み始めてからニキビが全然できなくなりました。

気持ちの問題か、たまに休薬期間にちょこっとできるくらいです。

 

生理日を確実に予測できる

出血があるのは前述したように休薬中の7日間。

個人差はあると思いますが、わたしの経験では3ヶ月くらい服用すれば毎回同じ日にピッタリ出血が始まるやうになります。

旅行やデートの予定が立てやすいのは大きなメリットです。

生理日を動かすピルもありますが、わたしは使ったことないのでここでは述べません。

 

とにかくストレスフリー

きちんと避妊していても、生理の前はどうしても不安で仕方なくなってしまう、私も以前はそうでした。

それで心にストレスがかかってさらに不順になってしまったり。

ピルがあればそんな心配無用なので、月に数千円かけるだけで心に平穏が訪れます(笑)

 

 

番外編:アフターピルについて

ここからは番外編として、アフターピルを服用した経験について話します。

 

アフターピルって何?という人のために説明すると、性行為後の服用で避妊の効果が期待できる薬です。

24時間以内の服用で95%以上、72時間以内の服用で80%の避妊成功率だとされています。

低用量ピルと違って、値段も高く、副作用も激しいといわれています。

 

副作用が一切ない人もいる(私)

以前こちらも服用したことがありますが(ピルを飲み始める前)、私は副作用のような症状はまったく感じませんでした。

なので、副作用を怖がって不安な中でも服用しないことを選ぶなら、一回怖さなんて取っ払って飲んじゃいましょう。

万が一のことがあるほうが怖いです。いろいろなケースがあると思います。

 

まとめ

こうして長々と低用量ピルについて書きましたが、これはあくまでも私の実体験から書いたものです。

ただ私が言いたいのは、中途半端な避妊してるならピル飲んだ方がよっぽどましだということです。

 

友人にも「昨日はノリで生でやっちゃった〜」みたいなことを言う人がたまにいます。

そういうことしちゃうんなら飲んでおいてください。もちろん責任持って出産して子育てできるならいいです。

 

そのへんにあるコラム記事とかより、一般人が実際に体験から書いたはてなブログとかのが、こんな話題は信用できるんじゃないかと思って書きました。

 

何か医学的に根拠がないこととか言ってるかもしれませんがご了承ください。